Archive for 3月, 2015

抗うつ薬は色々な病気の改善に用いられる

近年、ストレス社会と呼ばれる中、自律神経のトラブルや精神疾患をお持ちの人々は益々増えています。
そんな時、病院から処方される薬には抗うつ薬といって、自律神経の働きを助ける薬が使われています。
この、抗うつ薬ですが、それたけでなく、多くの男性をサポートする薬としても使われるようになりました。
プリリジーという言葉を耳にしたことのある方はそれほど多くないのかもしれませんが、日本でおよそ500万人いると言われる早漏の治療にも脚光を浴びています。
早漏と自覚している男性の多くは、誰にも言えず、1人で抱え込みがちですが、それを解決してくれるのがプリリジーです。
そもそも、プリリジーとは何かというと、成分の中にダポキセチンを含有しており、セロトニンの分泌促進に働きかけます。
セロトニンが十分ですないことが早漏の原因とされているので、セロトニンを分泌し、射精までの時間を長くしてくれます。
射精までの時間が早いと、なかなかパートナーを満足させることができず、良好な関係が築けないという方が少なくないのが現状です。
また、自分が早漏であるというコンプレックスに悩まされて精神的にも滅入ってしまう方も多くいらっしゃいます。
しかし、精神的ストレスは更に早漏を引き起こす原因に繋がります。
このような方が、安心して性行為に励めるためには、お薬の力を借りるというのも手段の一つです。
プリリジーは、海外で盛んに使われている医薬品で、多くの臨床実験の結果、早漏治療での成果が証明されています。
稀に、体質によっては副作用が出る方もいますが、安全性についても証明され、明記されており、安心してご利用いただけます。
パートナーの為にも、ご自分の為にも、安心して使える、今後も期待の製品です。

プリリジーに含まれている成分は抗うつ剤と同じ?

早漏防止としてよく用いられているプリリジーですが、購入者によってはもしかすると抗うつ剤として用いようとする人もいるかもしれません。
そう考えるのにはちゃんとした理由があります。
なぜなら、プリリジーに含まれる成分には、抗うつ薬として用いられているものもあるからです。
ですからプリリジーを飲めば確かに一定の抗うつ薬としての効果があります。
ただしここで勘違いしてはならないのは、その効果は長時間作用型ではないということです。
むしろプリリジーの場合、抗うつ薬としての効果がでるのは短時間作用型であって、この意味でほとんど抗うつ効果はありません。
プリリジーに抗うつ効果を期待する方は、この点を間違えないようにしましょう。
さて、プリリジーと抗うつ薬との関連でいえば、プリリジーを服用する際は、抗うつ薬を併用しないようにしなければなりません。
それは効果が落ちてしまう可能性があることと、副作用を招かないようにするためです。
服用する前に必ずそうした点を確認して、安全を確保してから服用するようにしましょう。
また、併用してはならない薬が他にもあります。
それは抗HIV薬や抗真菌薬です。
なかなか聞き慣れない人もいると思いますが、こうした薬についても事前に確認をして、絶対に併用することがないようにしてください。
そうでなくてもプリリジーはもともと副作用の報告がある薬です。
例えば、不眠や疲労感、下痢、めまい、頭痛といった副作用が実際に報告されており、こうした症状が出ないように注意しなければなりません。
もっともこうした副作用が出る発生率は10%未満といわれており、その点では安心することができますが、絶対に出ないとはいえませんので注意しておきましょう。