Archive for 5月, 2015

自律神経の改善は食生活

ストレス社会の現在、自律神経に異常をきたしている人は多くおられます。
自律神経の機能が低下すると、不眠、倦怠感、食欲不振など、さまざまな不調をきたします。
自律神経の改善には、生活習慣と食生活を改善すると良いとされていますが多忙を余儀なきされる方々には容易ではありません。
また、食生活や生活習慣を改善しても、改善できない身体機能があるのを忘れてはなりません。
自律神経の問題で多くの男性を悩ませているのが、早漏というなかなか口に出しにくい問題です。
個人の問題のようでありますが、パートナーとの深刻な問題である方も少なくありません。
また、早漏は全国でおよそ500万人とも言われており、多くの方の悩みとなっています。
この早漏の治療には、自律神経に作用するダポキセチンという物質を含有するプリリジーという製品があります。
プリリジーは、早漏の原因であるセロトニンの低下を防ぎ、分泌を促進する働きがあります。
セロトニンが促進されることで、射精までの時間を長く持たせることが可能であり、通常の3~4倍、射精までの時間を延長できるとされています。
また、早漏とは挿入から2分以内で自分の意思に関係なく射精してしまう状態であり、パートナーの女性が満足させることができません。
特に、将来を約束したパートナーとはお互いの満足のできる関係でありたいと思うのが当たり前の感情です。
お互いの為に、早漏を改善し、より良い関係を築いて欲しいものです。
プリリジーは、医薬品ということで、安全面について危惧される方もおられるかもしれませんが、海外では多くの臨床実験の結果、安全性についても証明されています。
日本では未だに承認されていませんが、日本という国の性生活に対する意識の低さとも関係があるようです。
今後、プリリジーが多くの方をサポートし、より良い性生活が実現できることを期待しています。