Archive for 2月, 2016

早漏の定義とプリリジーで亀頭粘膜を鈍感にする方法

早漏の定義は挿入後すぐに射精するものであり、それに対して不満を抱えている状態です。
挿入時間が短くても、男女が本当に満足できれば問題ありませんが、不満が生じるようであればそれは早漏だと考えていいでしょう。
早漏はEDが原因で発生することもありますが、一般的に早漏と呼ばれるものは亀頭粘膜が敏感なため生じます。
男性は定期的にオナニーを行っているはずですが、はじめてのオナニーが一番快感が強かったはずです。
亀頭粘膜が皮膚化していなかったためで、オナニー経験が豊富になるにつれて快感は落ち着いていきます。
亀頭はある程度皮膚化しても快感を得ることができますが、粘膜のときの快感には及ばないのです。

強烈な快感を得られることは男性にとって嬉しいものですが、それが原因で早漏ともなります。
挿入した直後に射精をしてしまう場合、射精の瞬間は気持ちがよくてもなんとなくスッキリしないはずです。
完全に精液を放出するには、ある程度刺激を与え続ける必要があるのです。
1分で射精するよりも、10分持たせたほうがドクドクとした力強い射精感を得ることができます。

プリリジーを服用すれば、射精までの時間を数倍に延ばすことができます。
ペニスが過敏で早漏を招く場合に効果的な対策です。
過敏性早漏の定義とは、粘膜質の亀頭が刺激に耐えられず1分以内に射精することです。
ただし、1分以上持つような場合でも、実際には早漏とみなすのが普通です。
5分持ってもパートナーから早漏だと思われることもあり、早漏には明確な定義はないと考えていいでしょう。

亀頭粘膜が敏感な方は、プリリジーによる早漏防止が非常に効果的です。
プリリジーは脳の興奮を抑えてくれるので、ペニスが鈍感になったように錯覚します。
個人差はありますが、プリリジーを服用することで女性を満足させられる平均挿入時間の15分以上をクリアできる方も多いのです。